モビリティ事業のSWOT分析

社会課題・ニーズ

世界的な環境意識の高まりや社会的責任への対応要請を背景に電動化を含む環境負荷低減の重要性が急激に高まっており、一層の軽量化やリサイクル材料・バイオ材料の活用などモビリティ分野の素材産業にも影響を及ぼし始めています。さらに、移動空間としてのクルマの使い方の変化なども相まって、快適性の向上や電装化といった多様化した新たなニーズも生み出されています。一方で足元では半導体の供給不足等も懸念されており、これらは期待される自動車需要・生産の回復に対する潜在的なリスクとなり得ます。

リスクと機会

  • 新型コロナウイルス感染症の再拡大や半導体の供給不足に伴う自動車需要・生産の回復遅れ
  • 自動車関連製品の開発サイクルや重要なプレイヤーの変化
  • 自動車における軽量化・快適性向上・電装化などに伴う素材開発へのニーズ拡大
  • 環境負荷低減の取り組み加速を背景としたリサイクル材料・バイオ材料の活用拡大

競争優位性

  • 幅広い材料ラインアップ
  • 高い技術力と品質
  • 顧客基盤
  • 技術サービス
  • バリューチェーンを通じたトータルソリューション提案力

課題

  • 需要増加・急回復に迅速に対応するための生産余力不足

ヘルスケア事業のSWOT分析

社会課題・ニーズ

先進国の少子・高齢化や新興国の経済成長に加え、足元の新型コロナウイルス感染症への対策など、「健康」への関心が増大しています。顧客価値も多様化し、個々人の志向やニーズが高まり、また、ライフスタイルに応じたケアが求められるようになってきています。

リスクと機会

ビジョンケア材料

  • 市場のグローバルな拡大

不織布

  • 子供用紙おむつ輸出鈍化、一方で国内大人用紙おむつ安定成長
  • 東・東南アジアでの競争激化

歯科材料

  • デジタル技工市場の急速なトレンド変化(機器の小型化)と拡大

競争優位性

ビジョンケア材料

  • 幅広い製品ラインアップ

不織布

  • 原料樹脂から加工まで一貫した技術力

歯科材料

  • グローバルでのブランド力
  • 素材から歯科材料までの研究開発力

課題

ビジョンケア材料

  • グローバルでのサプライチェーン、物流網の強靭化

不織布

  • 成熟した衛材市場(紙おむつ)におけるコスト競争力
  • 衛材事業と産材事業の不均等なポートフォリオ

歯科材料

  • 米州での欧州等他地域と比較して劣位なプレゼンス

フード&パッケージング事業のSWOT分析

社会課題・ニーズ

人口の増加や気候変動など地球規模の深刻な課題に対し、農産物の安定生産・収量向上やフードロス・廃棄削減が求められています。加えて、プラスチック問題など循環型社会への対応が今や喫緊の課題となっています。

リスクと機会

  • 環境関連の法規制等による既存事業への影響
  • フードロスや廃プラスチック削減のニーズ昂進
  • 農薬のアジア・南米市場拡大、農薬周辺市場(防疫分野)の拡大
  • 包装材料のアジア市場拡大と国内市場の停滞
  • 5G、高機能ディスプレイ、CASE需要などのICT市場の拡大
  • 中国、新興国経済の不透明感
  • 新型コロナウイルス感染再拡大による開発・調達への影響

競争優位性

  • 幅広い製品ラインアップ
  • 独自性の高い研究開発と生産技術
  • アジアを中心とする海外展開
  • 迅速なレスポンスを通じて培ってきた顧客基盤

課題

  • 国内事業の低成長性

基盤素材事業のSWOT分析

社会課題・ニーズ

基盤素材事業は石化・基礎化学品をスタートに、自動車、住宅、家電、インフラ、食品包装をはじめ、様々な分野に必要な素材提供を行っており、各分野において安定・安価、高付加価値化製品の提供が求められています。地球規模で気候変動やプラスチックごみなどの環境問題が顕在化しており、省エネルギー、バイオ原料活用などによるGHGの排出抑制や、プラスチックごみの低減・再利用のニーズが高まっています。広く素材を提供し、生産技術・インフラを保有している三井化学グループこそが貢献すべき喫緊の課題と認識しています。

リスクと機会

  • 高機能包装へのシフト
  • 米シェール、ポリオレフィン流入
  • 米中貿易摩擦・感染症などによる経済減速、変動
  • 原油・大型製品のアジア市況の変動
  • 円高による輸入品の攻勢、輸出交易条件悪化
  • 国内需要縮小、アジア経済の変動
  • 気候変動、プラスチックごみなど環境対応ニーズの拡大
  • デジタル技術・バイオ技術の進化

競争優位性

  • 世界トップクラスの競争力を有するナフサクラッカー
  • メタロセンをはじめとするポリオレフィン触媒技術
  • 特長ある差別化製品や誘導品
  • 高機能ポリオールをベースとしたウレタンシステムハウス事業のグローバル展開

課題

  • ボラティリティのさらなる低減
  • 高機能製品の強化・拡大
  • GHG排出量の削減
  • サーキュラーエコノミーへの取り組み強化

関連リンク

  • Get Adobe Acrobat Reader

    最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。