フード&パッケージング事業本部

日本語 English

従来の食料増産・食品ロス削減などへの対応に加え、包装材料を中心に循環型社会に即した製品・サービスの提供が求められています。
三井化学グループの力でこれら社会課題を解決してまいります。

基本情報 経営概況・事業戦略

2019年度の概況

売上高事業別比率

売上高事業別比率

売上高地域別比率

売上高地域別比率

売上高・営業利益推移(億円)

売上高・営業利益推移(億円)

2020年度見込み数値はIFRSに基づいて記載しています。

2025年度の目標

営業利益400億円 + 新事業

これまで着実に進めてきた現地生産・販売体制を一層強化し、海外成長市場を取り込むとともに、循環型社会に対応した製品・サービスの提供を通じて事業拡大を図ります。また持続的な成長に向けて、事業基盤強化と新製品・新事業の創出により製品ポートフォリオの転換を推進していきます。

成長戦略

  • 農業化学品分野では、高成長が見込まれる海外事業の拡大と、今後の需要が見込まれる農薬周辺領域の強化に取り組んでいきます。
  • コーティング・機能材分野では、環境対応製品や高機能品を主軸とした海外事業の拡大に取り組んでいきます。
  • 機能性フィルム・シート分野では、半導体や電子部品などICT分野におけるシェア維持・拡大と、循環型社会に対応した包装フィルムのラインアップ拡充による事業強化に取り組んでいきます。

投資戦略

  • 農業化学品分野では、主要原体と今後の伸長が期待される新規原体の生産基盤の増強を進めていきます。
  • コーティング・機能材分野では、環境対応製品や高機能品への重点投資を検討していきます。
  • 機能性フィルム・シート分野では、環境対応製品やICT関連製品の設備投資を検討していきます。

機能性フィルム・シート(包装用フィルム分野)
包装材料のアジア展開と包括的ソリューション提供

生活水準の向上や食品加工輸出基地としての発展に伴い、アジアの包装材料市場は大きな成長が見込まれています。当社グループは他社に先駆け、高機能シーラントフィルムT.U.X® やその原料であるメタロセンLLDPEエボリュー® 、包装用接着材料タケネート®タケラック®アドマー®など包装材料の生産拠点をアジアに設置しています。さらに2020年度からCoE(Center of Excellence)オフィスを新設、組織横断的かつグローバルに情報収集・戦略立案・事業開発をリードし、顧客に最速・最適なソリューションを提供することで、循環型社会への対応や利便性の向上に貢献していきます。

TOPICS - カラダに馴染む新素材シート HUMOFIT(ヒューモフィット

2020年5月より市場開発を開始したHUMOFIT/ヒューモフィット(形状記憶シート)は、ヒトの体温を感知して、カラダに馴染む新素材シートです。室温と人間の体温の間にあたる、28℃のガラス転移温度(ポリマーが劇的に軟化する温度)により、体温の熱に反応して素早く肌に馴染む心地よさを得られます。また、形状記憶性や高い伸縮性などの特長を備えており、ウェアラブル、VR、AR、eスポーツ、医療IoTなど、カラダに装着するデバイスの需要の高まりに応える素材として期待されています。

アドフレッシュ®

機能性フィルム・シート(産業用フィルム・シート分野)
イクロステープ®の強みとさらなる事業拡大

イクロステープ® は半導体製造後工程における、シリコンウェハ裏面研削時の表面保護テープです。主要競合メーカーの中で唯一の樹脂製造・加工メーカーであり、樹脂設計・製膜加工技術での差別化により世界トップシェアを有しています。

<台湾新工場完工>

5GをはじめとするIoTなどの技術革新に伴い、半導体需要が拡大する中、最大の需要地である台湾の新工場が2019年に完工しました。これにより、イクロステープ®の供給能力は1.5倍に拡大しました。安定供給体制の構築により、さらなる事業拡大を目指します。

台湾新工場

イクロステープ®とは

イクロステープ™とは

イクロステープ®世界シェア推移

イクロステープ™世界シェア推移

農業化学品
食料安定確保に貢献する高機能農薬

世界的な人口増加や新興国の経済発展を背景とした農産物需要の増大から、中長期的には農業生産が引き続き伸長するものと考えられます。当社グループの三井化学アグロ(株) は、作物の生産性向上に貢献する農薬製品をグローバルに展開するため、海外事業基盤の強化を進めています。
殺虫剤ジノテフランなどの既存原体は、提携先や現地パートナーとの密接な連携を通じて市場ニーズに即した製品を開発することにより、登録国の拡大・上市を加速しています。重要害虫に優れた効果を示すジノテフランは昨年度、世界最大の農薬市場であるブラジルで農薬登録を取得しました。現地農業生産者の期待も高く、さらなる拡販に取り組んでいきます。また新規原体では、除草剤サイラ®を有効成分とする製品群の上市準備を進めています。
分子設計、有機合成、生物評価の長年の実績に基づいた高度な農薬創製技術を有する三井化学アグロ(株)は、これからも独自性の高い新規原体の創製と製品開発を継続することで、作物の生産性向上、および感染症対策による健康寿命延長、住宅環境改善による暮らしの快適性向上に貢献していきます。

TOPICS - 農薬新規原体テネベナール®本格拡大へ

テネベナール®(一般名ブロフラニリド)は三井化学アグロ(株)が発明した新規の作用性を持つ殺虫剤であり、BASF社と共同でグローバルな市場開発を進めています。農作物の問題害虫やシロアリ、蚊などの薬剤抵抗性対策に貢献します。
テネベナール®を有効成分とする農業用製品は2019年に海外で販売開始、今後は農薬登録国を拡大していきます。防蟻用製品は2019年に国内販売を開始しました。また防疫用途では、ビル&メリンダ・ゲイツ財団とInnovative Vector Control Consortiumの支援によるマラリア撲滅活動において、薬剤抵抗性を示すマラリア媒介蚊への効果が期待されており、大規模試験の実施を予定しています。
テネベナール®の本格拡大を通じて、世界の食料生産・生活環境の向上に貢献していきます。

農薬新規原体テネベナール<本格拡大へ®本格拡大へ
ZERO by 40
Innovative Vector Control Consortium

コーティング・機能材
多彩な製品群と幅広い用途展開

自動車・プラスチック用塗料や包装材料などに用いられるタケネート®タケラック®ケミパール®などのコーティング・機能材は、消費者の様々なニーズにきめ細かく対応するため、製品ラインアップの拡充と幅広い用途展開を進めています。包装材料では世界的な環境対応ニーズの高まりに応えるため、水系ヒートシール剤・バリアコート剤のグローバル展開を積極推進しています。塗料その他の用途では、当社グループが世界で初めて開発した新規イソシアネートFORTIMO®およびSTABiO®、および高機能製品として高い市場認知度を誇る特殊イソシアネートXDI(メタ-キシリレンジイソシアネート)を中心とする誘導体の展開を通じて新たな顧客価値を創造し、コーティング・機能材事業のさらなる強化・拡大を推進しています。

コーティング

例)自動車塗料

コーティング

シーラント

例)建材用シーリング材

シーラント

エラストマー

例)射出成形品

エラストマー

TOPICS - STABiO®が第19回GSC賞「奨励賞」を受賞

STABiO®は、当社グループが世界で初めて開発した、植物由来のイソシアネートであるPDI®およびそれを用いたポリイソシアネート系硬化剤です。従来のポリウレタン材料を上回る高い反応性や速硬化性などが評価され、公益社団法人新化学技術推進協会よりGSC賞「奨励賞」を受賞しました。耐薬品性、耐傷付き性、高光沢を活かして、自動車・プラスチック用塗料や接着剤製品として使用されています。さらに反応性が高いことによる低温での硬化あるいは硬化時間の短縮での省エネルギー化、植物由来であることから環境負荷軽減を実現しています。軽量で割れにくい透明樹脂や独特の柔らかさがあるゲルなど、“新しい質感”を求める用途でも開発が進んでいます。

グリーン・サステイナブル ケミストリー(GSC)の推進に貢献する優れた業績をあげた個人、団体を表彰するもの

STABiO®が第19回GSC賞「奨励賞」を受賞

デザイナーとのコラボレーションを通じた、STABiO®による“新しい質感”の追求

TORCH/STABiO®×PIEZOLA®

そっと握るだけで透明な塊の中から優しく緩やかに光を放つトーチ。透明かつ硬さを自由に調整できるSTABiO®の中に圧電ラインとエレファンテック社のインクジェット回路基板を封じ込めました。これまでのスイッチON/OFFの動作ではなく素材そのものがインターフェイスとして機能する新発想のプロダクトです。

TORCH/STABiO®×PIEZOLA®

空気クッション「LACE」

STABiO®とデザインスタジオYOYとのコラボレーションで生まれた空気のクッション「LACE」。素材の特徴を活かして、普通はクッションの中身として使われるウレタンを全面に出し、素材と構造とデザインの組み合わせで、エアスルーなクッションを実現しました。

Photography: Yasuko Furukawa
Photography: Yasuko Furukawa