フード&パッケージング事業本部

日本語 English

従来の食料増産・食品ロス削減などへの対応に加え、包装材料を中心に循環型社会に即した製品・サービスの提供が求められています。
三井化学グループの力でこれら社会課題を解決してまいります。

事業ビジョン

社会課題・ニーズ

人口の増加や気候変動など地球規模の深刻な課題に対し、農産物の安定生産・収量向上やフードロス・廃棄削減が求められています。加えて、プラスチック問題など循環型社会への対応が今や喫緊の課題となっています。

事業ビジョン

顧客起点型イノベーションを通じて、農業・食品・パッケージングに関わる製品とサービスを提供し、会社・組織の枠を超えた情報・技術・顧客関係の最大活用により、三井化学グループの持続的な成長を牽引します。

環境分析・戦略

機会・リスク

  • 農薬のアジア・南米市場拡大、農薬周辺市場(防疫分野)の拡大
  • 包装材料のアジア市場拡大と国内市場の停滞、環境対応ニーズの拡大
  • 5G、高機能ディスプレイなどのICT市場の拡大
  • 中国、新興国経済の不透明感

強み

  • 幅広い製品ラインアップ
  • 独自性の高い研究開発と生産技術
  • アジアを中心とする海外展開
  • 迅速なレスポンスを通じた顧客基盤

基本戦略

  • 高付加価値製品へのシフトによる事業ポートフォリオ強化
  • 海外成長市場の取り込みによる事業拡大
  • 社内外との連携を通じた新製品・新事業の創出と環境ニーズへの対応

個別戦略

農業化学品

  • アジア、南米市場の成長取り込み
  • 農薬周辺領域(防疫分野)の強化

コーティング・機能材

  • アジア市場の成長取り込み
  • 環境対応製品のグローバル展開
  • 高機能品の実需化加速

機能性フィルム・シート

  • 製品ポートフォリオ転換による事業基盤強化
  • ICT分野におけるシェア維持・拡大

バリューチェーン

バリューチェーン

主要製品

コーティング・機能材

ウレタン樹脂(タケネート®タケラック®)、オレフィン樹脂、包装用接着剤、塗料用原料樹脂、表示デバイス用封止剤

機能性フィルム・シート(包装用フィルム)

二軸延伸ポリプロピレンフィルム、無延伸ポリプロピレンフィルム、直鎖状低密度ポリエチレンフィルム(T.U.X®

機能性フィルム・シート(産業用フィルム・シート)

半導体・電子部品製造工程用フィルム(イクロステープ®)、発泡シート、太陽電池用封止シート(ソーラーエース®ソーラーエバ®

農業化学品

殺虫剤、殺菌剤、除草剤、生活環境用薬剤、ペット用薬原料

主力製品のシェアと市場成長率(2019年度)

農薬
  シェア 市場成長率
世界 - 3.0%
アジア - 2.3%
日本 10% 1.1%

 2018-2023年度

タケラック®/タケネート® 包装用接着剤
  シェア 市場成長率
日本 29%(2位) <1%
ASEAN 30%(1位) 7%
T.U.X® 高機能シーラントフィルム
  シェア 市場成長率
日本 34%(1位) <1%

事業部と取扱製品

三井化学アグロ(株)

取り扱い製品

企画管理部

取り扱い製品

フード&パッケージングのBlue Value®・Rose Value®

Blue Value 環境貢献価値
詳しくはこちら
Rose Value QOL向上貢献価値
詳しくはこちら
Rose Value

食品包装材

CMPS®

  • くらしと社会を豊かにする

イージーオープンフィルムで子どもや高齢者でも開けやすい。

Rose Value

殺虫剤

ベクトロン®

  • 健康寿命を延ばす

マラリアなどの感染症を媒介する蚊を防除。マラリアの撲滅に貢献。

Blue Value

食品包装用白色フィルム

エコネージュ®

  • CO2を減らす
  • 資源を守る

空気層に光を乱反射させて白色性を発現。
白色印刷が不要で、樹脂使用量も20~30%削減。

Rose Value

殺虫剤

トレボン®

  • 食を守る

農作物の安定生産、食料増産に貢献。

  • CO2を減らす
  • 食を守る

青果物のしおれや変色を抑え、フードロスの低減に貢献。
廃棄物の量を減らすことで、GHG削減。

Blue ValueRose Value

シーラントフィルム

T.U.X®

  • CO2を減らす
  • 資源を守る
  • 食を守る

ヒートシール温度の低温化でエネルギーを削減、フィルム強度向上により樹脂使用量も削減。優れたシール性と耐衝撃性で食品の製造・流通工程におけるフードロスを低減。

Rose Value

ハイブリッドライス

みつひかり

  • 食を守る

多収穫かつ収穫時期をずらすこともでき、食料の生産性向上に貢献。品質、食味にも優れる。