Mitsui Chemicals

体温感知自己粘着シート(開発品)

ヒトの体温で自己粘着性が発現する素材

  • 基本情報

概要

体温感知自己粘着シート(開発品)は、人肌で温めることで、自己粘着性を発現する素材です。
自己粘着性とは、糊を使用せず、シートそのものを人肌に加温することでシート同士が引っ付くというものです。糊を使用していないため接着面に糊残りの心配もなく、非常に衛生的でかつ貼ったり剥がしたり何度でも繰り返し使用できます。
また、素材自体が透明性を有することから、商品のデザイン性・意匠性の向上にも貢献できます。

想定用途

  • 面ファスナー
  • 各種固定部材(衣料、服飾雑貨、医療・介護用品、スポーツ等)
  • 即興で様々な形を形成する用途(袋、コップ、箱、アウトドアグッズ、災害時や緊急時の部材等)
  • アート素材(DIY、芸術、美術、工作等)
  • 被着体表面を精密転写させる用途
面ファスナーとの厚み比較
センサー装着イメージ

製品に関するお問い合わせ

フード&パッケージング事業本部 企画管理部
TEL03-6253-3657