カーボンニュートラル戦略

三井化学グループの2050年カーボンニュートラル

三井化学グループは、世界の平均気温の上昇を1.5度に抑えた持続可能な社会を構築するために化学企業として果たすべき役割があると考え、2020年11月に2050年カーボンニュートラル宣言を行いました。当社グループのGHG排出量削減(Scope1, 2)と、当社グループが提供する製品のライフサイクル全体を通じたGHG削減貢献量の最大化をカーボンニュートラル戦略の両輪としており、社会変革に大きく貢献すべく始動しています。

1. 当社グループのGHG排出量削減(Scope1, 2)

GHG排出量削減(Scope1, 2)は、排出量が多い生産拠点を中心に実施していく予定です。具体的には、低炭素な原料・燃料への転換、高エネルギー効率機器の導入等による省エネ、再生可能エネルギー導入によって、2030年度までに2013年度比でGHG排出量40%削減を目指します。これは長期経営計画「VISION 2030」の非財務指標ひとつにも設定しています。さらに2050年カーボンニュートラルに向けては、市場や顧客等の外的要因の整備が前提となりますが、前述の施策に加えて、新技術の開発や事業ポートフォリオ転換等による80%以上の削減を、残り20%についてはCCUS等のカーボンネガティブ技術の開発・導入等の施策を進めていく考えです。

2. 製品提供を通じたGHG削減貢献量の最大化

当社グループが提供する化学製品の多くは、お客様のもとでの加工、使用、廃棄等様々なライフステージを経ています。そのため当社グループは、環境貢献価値を有するBlue Value®製品の提供を通じて、製品のライフサイクル全体でGHG削減貢献量を最大化することにより、社会全体のカーボンニュートラル実現に貢献したいと考えています。2050年カーボンニュートラルを見据え、VISION 2030においてもBlue Value®製品の売上収益比率40%以上を非財務指標として設定しています。今後はカーボンニュートラル戦略の一環として、Blue Value®製品の拡充や売上収益比率拡大を各事業ポートフォリオの戦略に反映していく予定です。

Blue Value®製品の売上収益比率

  • Get Adobe Acrobat Reader

    最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。