サーキュラーエコノミーを目指す取り組み

三井化学グループは、気候変動問題やプラスチック問題をはじめとした社会課題解決にはサーキュラーエコノミーへの転換が重要であると考え、カーボンニュートラル戦略やプラスチック戦略(リサイクル戦略とバイオマス戦略)を打ち出し、具体的な取り組みを進めています。

取り組み事例

:カーボンニュートラル戦略 :リサイクル戦略 :バイオマス戦略

:カーボンニュートラル戦略

:リサイクル戦略

:バイオマス戦略

日本初、バイオマスナフサによるバイオマスプラスチック製造を開始

当社グループは、フィンランドのNeste社が植物油廃棄物や残渣油から製造するバイオマスナフサを調達し、2021年度から大阪工場のエチレンプラント(クラッカー)に原料として投入します。同時にマスバランス方式によってバイオマス原料使用分を特定の製品に割り当てることで、フェノールなどのバイオマス化学品やポリオレフィンなどのバイオマスプラスチックの製造とマーケティングを開始します。

世界初のバイオポリプロピレン実用化を目指す

ポリプロピレンはバイオマス原料化の難易度が高く、工業化レベルでの技術確立に至っていません。当社グループは発酵をキー反応とする独自の新技術により、世界で初めてバイオポリプロピレン製造の実証試験に挑戦しています。非可食植物を主体とするバイオマス原料を使用し、原料残渣も電気に変換して有効活用する持続可能な技術の確立を目指します。

BASFと日本国内におけるケミカルリサイクルの推進に向けた協業検討を開始

ケミカルリサイクルにより生まれた化学品は新たな素材の製造に使用され、要求の厳しい用途であっても品質を損なうことがないため、マテリアルリサイクルに適さないプラスチック廃棄物をリサイクルするための補完的なソリューションとして期待されています。BASF社が「ChemCycling® プロジェクト」を通じて培ってきた技術やノウハウと、当社グループが持つ技術やエチレンクラッカーなどのアセットを組み合わせるとともに、バリューチェーン横断的な連携を通じて、日本国内におけるプラスチック廃棄物の課題に応えるケミカルリサイクルを日本で事業化することを目指し、共同ビジネスモデルを含めあらゆる可能性を検討していきます。

長岡技術科学大学とプラスチック廃棄物の再利用を促進する技術を共同研究

プラスチック廃棄物は様々な状態のプラスチックの混合物である場合が多く、マテリアルリサイクルによって得られる再生プラスチックは、一定の流動性や品質を維持できないことや用途が限定されるといった問題を抱えています。この共同開発では、加熱溶融されたプラスチックの流動性をインラインで計測・制御を行い、再生プラスチックの品質を安定化させるための技術の確立に取り組んでいます。

軟包材のマテリアルリサイクル実証設備2021年度稼働

当社グループが得意とするポリオレフィン樹脂・フィルム製品の最大用途である、軟包材分野における廃プラスチックの削減に取り組んでいます。フィルム加工・印刷工程で発生する廃プラスチックを軟包材用のフィルムとして再利用する実証試験を行っており、印刷済みフィルムから印刷を除去する設備を導入しました。この設備を使用した実証試験を2021年度内に開始する予定です。将来的には、ラミネート、製袋、充填工程、さらには消費後の廃プラスチックへの対象拡大も見据えています。

日本IBMとブロックチェーン技術による資源循環プラットフォーム構築で協働開始

リサイクル材・原料の使用においては、含有物質の明確化などトレーサビリティ(追跡可能性)の担保が課題となっています。本取り組みでは、モノマー・ポリマー等の原材料から製品の製造・販売・使用、およびその後に回収から解体・破砕を経てリサイクル原料となり製品製造に再利用されるまでの、資源ライフサイクルにおけるトレーサビリティの担保を目指します。

ケミパール®を環境配慮型紙包装材のヒートシール剤として提案

2021年2月に開催されたTOKYO PACK 2021において、日本製紙株式会社と株式会社ヨシモト印刷社と共同で、各社が有する新素材・技術・設備を活用した新しい紙の環境配慮型包装材を「フレパック ONE」として提案しました。この共同提案をきっかけとして、当社ではケミパール®を新たな環境配慮型包装材向けのヒートシール剤として、国内外の包装市場への提案を進めています。

STABiO®が第19回GSC賞「奨励賞」を受賞

当社のSTABiO®が、公益社団法人新化学技術推進協会よりGSC賞「奨励賞」を受賞しました。世界初の植物由来のイソシアネートである1,5-ペンタメチレンジイソシアネート(STABiO®(スタビオ®)PDI®)およびそれを用いた誘導体(ポリイソシアネート硬化剤)の開発が高く評価されたものです。

GSC賞:
グリーン・サステイナブル ケミストリー(GSC)の推進に貢献する優れた業績を挙げた個人、団体を表彰するもの

接着樹脂アドマー®の環境対応ラインナップ「EFシリーズ」の開発

当社が世界に先駆けて開発し、多層ボトルやチューブ、フィルム・シートなどに使用されている接着性ポリオレフィン樹脂アドマー®に、社会や顧客からのニーズが高くサーキュラーエコノミーの実現に貢献する環境対応ラインナップ「アドマー®EFシリーズ」を追加し、①バイオマス化度50%以上を実現したバイオマスアドマーと、②リサイクル時の強度や耐衝撃性などの物性低下を改善させるリサイクル助材の2水準を開発しました。

ガスタービン発電システム

当社の大阪工場(大阪府高石市)内に高効率ガスタービン発電システムを設置し、2020年12月1日より営業運転を開始いたしました。
本システムの稼働により、当社大阪工場の自家発電比率が向上するとともに、ガスタービン発電設備から発生する高温排ガスをエチレンプラントのナフサ分解炉の燃焼用空気として利用することで、分解炉の使用燃料を削減します。これにより、大阪工場から排出されるCO2が年間で約7万トン削減できます。2050年カーボンニュートラルを目指し、今後も積極的に取り組んでいきます。

  • Get Adobe Acrobat Reader

    最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。