マネジメントシステム 健康経営 有害物質ばく露防止

有害物質ばく露防止

労働安全衛生マネジメントシステム(OHSAS18001)や2015年度に構築した化学物質の有害性リスクアセスメントシステム(新リスクアセスメントシステム)の活用、産業医・衛生管理者による職場巡視や内部監査などにより、労働衛生リスクの低減や職場環境の改善に努めています。

リスクアセスメント

2016年度より新リスクアセスメントシステムを使用した有害物質(吸入性化学物質)のリスクアセスメントを計画的に実施しています。2017年度は、全職場の有害性が比較的高い化学物質について定性評価(のべ700物質・6429作業)が計画通り完了し、約460件の定量評価も完了しました。2018年度は、さらに有害性の低い化学物質のリスクアセスメントも行い、この結果、すべての定性評価によるリスクアセスメントのべ9415件を終了しました。このうち、3140件については、リスクレベルが高いと判断したため、計画的に個人ばく露評価などの定量評価を続け、1190件に関して定量評価を終了しました。現在、この結果に基づき作業環境および作業改善を検討し、リスク低減に計画的に取り組んでいます。
また、有害物質の皮膚吸収による健康障害が社会的問題になったことから、2018年度に新たに化学物質の皮膚吸収性化学物質による健康障害に特化したリスクアセスメントシステムを構築し試行しました。2019年度以降、吸入性化学物質の定量評価に基づく作業環境および作業の改善を進めるとともに、皮膚吸収性化学物質のリスクアセスメントを2020年度までに完了する予定です。
このように、リスクアセスメントによる有害物質ばく露防止対策をいっそう強化・推進していきます。

作業環境改善例① 特定化学物質のサンプリング作業

改善前

ある職場では、特定化学物質と有機溶剤を瓶にサンプリングする作業を行っており、ばく露リスクや被液リスクがあった。

改善前

改善後

ボンベ式サンプリング設備を導入。完全密閉系で作業可能になり、ばく露リスク、被液リスクがなくなった。 

改善後

作業環境改善例② 有機溶剤のサンプリング作業

改善前

ある職場では、複数の場所で有機溶剤を開放系でサンプリングしており、ばく露や被液リスクがあった。 

改善前

改善後

それぞれのサンプリング場所に、グローブボックス形式のサンプリングボックスを設置し、ばく露リスクと被液リスクを大幅に低減できた。

改善後

産業医による海外関係会社に対する労働衛生リスク低減のための職場巡視

海外関係会社向けの労働衛生リスク低減策として、本社産業医が海外事業所を巡回する際に、計画的に職場巡視を行い労働衛生の改善点を指導しています。2018年度は、海外事業所8カ所で実施し、現地担当者への教育も行いました。これらの活動は、2019年度も継続していきます。

  • Get Adobe Acrobat Reader

    最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。