働きやすい職場環境 ダイバーシティ エンゲージメント調査

エンゲージメント調査

2025長期経営計画の実現に向け、グループ従業員の貢献意欲(エンゲージメント)は極めて大切だと考えています。そこで、2018年6月に、三井化学グループ全従業員を対象に、個々人のエンゲージメントレベルを測り、その背景にある要因を調査するオンラインサーベイを実施しました。
当社のグループ全従業員を対象としたエンゲージメント調査は初めての試みでしたが、87%の従業員が調査に回答しました。多くの示唆に富んだ意見が寄せられ、改めてグループ全体の人事課題に関する理解が進みました。
調査結果は、当社経営陣にも共有され、現在全社としてのアクションプランに取り組んでいます。調査を通じて判明した当社グループの特徴は、安全文化が非常に強く、自主性や権限委譲を重んじているという点です。また、今後のエンゲージメント向上に資するポイントとして、① 経営陣との対話、② 能力開発とキャリアの2点が挙げられます。
本調査結果は、本社各部、および関係会社単位で解析が可能なため、各組織のリーダーと人事部門が協働し、個々の部署に適した改善アクションプランを策定、エンゲージメントレベルを向上させるための具体的な方策に着手しています。
グループ全体のさらなるエンゲージメントレベル向上に向け、本調査は、2〜3年ごとに継続して実施していくこととしています。

エンゲージメント要因スコア

三井化学グループの上位要因
=強みを持つ 3 領域

安全

47

雇用主としてのブランド

39

権限委譲 / 自律性

38

三井化学グループの下位要因
=課題のある 3 領域

ラーニングおよび自己開発

22

キャリア機会

18

人材活用と配置

15

  • Get Adobe Acrobat Reader

    最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。