森美術館「未来と芸術展」で不織布シンテックス®が美しい映像効果を演出

11/19(火)より森美術館で開催されている「未来と芸術展」にて、独立系組織設計事務所最大手の日建設計が手掛ける映像展示に三井化学の不織布シンテックス®PK-102が協力しました。シンテックス®のやわらかさ、なめらかさが、これまでにない映像投影スクリーンを実現しています。

「未来と芸術展」

展示風景:「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか」森美術館、2019~20 年
クレジット:野田東徳/雁光舎