PROJECTPROJECT

高齢化が進み眼科手術へのニーズが高まる中、若手医師の早期育成が重要視されていますが、 豚眼を用いた手技練習には限界があり衛生面でも問題がありました。 Bionic-EyE™ は豚眼に代わる手術練習ツールとして、内閣府プロジェクトImPACT 「バイオニックヒューマノイドが拓く新産業革命」のプログラムを通じて生まれた商品です。 ウエットラボに代わる医学生の実習、研修医のトレーニング、新規デバイスの試験・講習に活用できる他、 将来的には各種認定試験、実技試験用に採用されることが期待されております。

ImPACT共同開発者より

販売に寄せて

相原 一 教授

殆どが局所麻酔下かつ術者は基本一人で行う眼科手術に対する教育は容易ではありません。

今までの教育ツールである豚眼や模擬眼では人眼と比べ解剖も組織の物性も大きく異なります。 私たちが開発したBionic-EyE™は、解剖や組織の特性を可能な限り忠実に再現することで、学生実習、実技訓練や評価などの手術教育だけでなく、技術研究開発などへの幅広い応用も可能なツールとして貢献できると期待しています。

相原 一 教授 インタビュー

Makoto Aihara

東京大学医学部附属病院 医学博士(東京大学)、日本眼科学会常務理事、日本眼科学会指導医・専門医、日本緑内障学会理事長、日本神経 眼科学会理事、日本眼薬理学会理事 、World Glaucoma Association Steeling Faculty 東京大学医学部卒業後、カリフォルニア大学 サンディエゴ校緑内障センターに留学しマウスの緑内障モデルの確立に携わる。 また、大学院時代から緑内障眼圧下降第一選択薬のプロスタグランジン関連眼圧下降薬の作用機序の解明や生理活性脂質関連の新薬 開発にも携わり、新しい手術の導入を含め多くの手術をこなし、緑内障の診療・研究ともに権威である。

  • 新井史人 教授

    新井史人 教授

    Bionic-EyE™は、人体の解剖学的構造と物理的特性を忠実に再現し、リアリティの高い眼科手術トレーニングやデバイス評価環境を提供することが可能な商品です。モジュール構造なので、パーツ交換が可能で、多様な症例に対応でき、将来的にはセンサを組み込んで、医療機器や手技を定量的に評価できる可能性がある点も大きな特色といえます。

    東京大学大学院工学系研究科 機械工学専攻、教授。 名古屋大学教授時よりImPACT「バイオニックヒューマノイドが拓く新産業革命」に参画し、バイオニックヒューマノイドの研究を統括した。

  • 原田香奈子 准教授

    原田香奈子 准教授

    医工連携研究によるトレーニング支援機器や医療機器開発では、医師の感覚的な表現を頼りに工学系研究者が試行錯誤しなければならないことが課題でした。 Bionic-EyE™は、医師の手技を定量的に可視化することができるので、より効率的なトレーニング支援や革新的な眼科用医療機器の開発につながると期待しています。

    東京大学大学院医学系研究科疾患生命工学センター、工学系研究科機械工学専攻・バイオエンジニアリング専攻、准教授。 ImPACT「バイオニックヒューマノイドが拓く新産業革命」のプログラム・マネージャーを務めた。

  • 光石 衛 教授

    光石 衛 教授

    手術ロボットなどの医療機器の開発研究では、製作した機器をできるだけ臨床に近い環境で定量的に評価することが重要です。 Bionic-EyE™は、まさにこのような用途に活用できる商品であり、性能・安全性の高い医療機器の開発・普及にも大きく貢献できます。

    東京大学大学院工学系研究科 機械工学専攻 教授。 ImPACT 「バイオニックヒューマノイドが拓く新産業革命」に参画し手術ロボットの研究を統括した。