方針・基本的な考え方

三井化学グループは企業活動において取り扱うお客様や当社に関する情報について、法令や社内規則を遵守するとともに、従業員と情報管理の重要性と責任を共有し、適切な管理を行います。特に情報システムに起因する情報の漏えいや改ざんなどによる社会的信用の失墜、事業の中断などを防止するため、情報システムセキュリティに関わる体制強化は、当社グループの情報資産をあらゆる脅威から保護する上で重要な課題と認識しています。

体制・責任者

情報管理に関しては、リスク・コンプライアンスマネジメント体制の下で、リスク管理を行っています。システム上の情報システムセキュリティについては情報システム統括部が、不正な情報漏えいや個人情報の保護等、法令・コンプライアンス上の情報管理については総務・法務部がそれぞれの専門的知見を持って連携することにより、網羅的に管理しています。リスクを特定し管理する責任者は、各部門の担当役員です。

情報システムセキュリティに関する取り組み

三井化学グループは、情報システムセキュリティに関し以下のような取り組みを継続的に行っています。
今後さらに増加するサイバー攻撃によるリスクの増加への対応も重要な経営課題として体制の強化を実施していきます。

技術・制度による取り組み

アクセス制限の設定等業務システムによる秘密情報への不正アクセスの防止、情報の不正持ち出しを防止する仕組みの構築、当社グループ国内外関係会社における情報セキュリティに関わるルールの制定とそれに基づく定期的なセキュリティのレベルチェックの実施

教育・訓練による取り組み

当社グループ従業員へのセキュリティリスクに対する教育・啓発および対応レベルのチェック(全従業員への年1回情報セキュリティに関するe-ラーニングの受講を義務化)、標的型メール訓練

個人情報の保護

三井化学グループは、個人情報を適切に取り扱い、保護することが重要な社会的責務であると認識し、「個人情報及び特定個人情報の保護方針に関する宣言」、「個人情報保護管理規則」を定め、定期的な監査および従業員の社内教育等を実施しています。また、欧州一般データ保護規則(General Data Protection Regulation:GDPR)等各国の法規制に対応したグローバルな個人情報保護体制を整備し、保有する個人情報を適切に管理しています。

個人情報及び特定個人情報の保護について

  • Get Adobe Acrobat Reader

    最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。