ストラクトボンド®

薄膜封止材(開発品)

日本語English

ストラクトボンド® 関連製品

透明性に優れインクジェット/スクリーン印刷で塗工可能なUV/熱硬化性封止材です。

主な用途

薄膜封止、ディスプレイ(有機EL)

用途分類

特性分類

  • 基本情報
  • 特性詳細
  • 用途詳細

概要

薄膜封止用のストラクトボンドは透明性に優れ、インクジェット塗布可能なUV硬化性樹脂、スクリーン印刷に対応した熱硬化性樹脂から選択頂けます。
UV硬化性樹脂はインクジェット設備で塗工可能な粘度でありながら、CVDプロセス(Chemical Vapor Deposition)に適応し、アウトガスの少ない材料です。そのため、有機EL(OLED)の封止に使用頂くことも可能です。

また、弊社では封止に関わる各種不具合の調査・解析などトータルソリューションのご提案も可能です。

薄膜封止用のストラクトボンド

特性

信頼性

硬化後の加熱におけるアウトガスが少なく、他部材へのダメージを抑えます。

低水分

他部材へのダメージの原因となる水分の含有量が非常に少ないです。

透明性

透明性に優れており、光学特性を必要とするデバイスの封止に使用することができます。

ストラクトボンド® の特性

プロセス適正

塗布方法

塗布方法に合わせてインクジェット塗布とスクリーン印刷から選択することができます。
インクジェット用材料は、印刷特性に優れ5μmまでの薄膜塗工が実現できます。

UV硬化性・熱硬化性

UV硬化性樹脂は短時間で硬化可能であり、CDA(Clean Dry Air)環境に対応したタイプもございます。
熱硬化性樹脂は主にスクリーン印刷で使用されます。

CVDプロセス適正

CVDプロセスに対応しており、クラックや剥離が発生しません。

プロセス適正

特性

物性表
項目 封止材
グレード UV硬化 Aタイプ UV硬化 Eタイプ 熱硬化 Tタイプ
硬化方法 UV硬化
(N2)
UV硬化
(N2/CDA)
熱硬化
推奨硬化条件 1,500mJ~ 1,500mJ~ 110℃~
塗布方法 インクジェット インクジェット スクリーン印刷
ディスペンサー
粘度(mPa.s) 13~25 5~25 100~5,000
外観 透明 透明 透明
透過率(%) >99 >99 >99
含水率(ppm) <50 <50 <50

推奨インクジェットヘッドについてはお問い合わせください。

上記以外にも様々なグレード(低誘電率、高接着強度、段差埋め込み性等)をご用意しておりますので、その他ご要望についてご気軽にお問い合わせください。

用途

有機EL(OLED)ディスプレイ
有機EL(OLED)ディスプレイ
有機EL(OLED)ディスプレイ
有機EL(OLED)ディスプレイ

製品に関するお問い合わせ

コーティング・機能材事業部
TEL03-6253-3536
FAX03-6253-4222