安全・品質

物流協力会社との対話

三井化学では、すべての実物流業務を物流協力会社に委託しています。そのため、安全かつ品質や環境にも配慮した物流を実現するには、「安全はすべてに優先する」という私たちの思いを物流現場の一人ひとりに伝え理解してもらい、物流現場に浸透させることが重要と考えています。
各工場物流担当部署は、物流協力会社とおおむね月に1回物流協議会を開催し、物流トラブルなどの情報共有、ヒヤリハットの事例検討、自工場の現場パトロールおよび他工場との相互訪問現場パトロールや、トラブル事例集を使用した類似トラブル防止教育を行っています。当社が発行する月報や週報も配布し、物流安全品質に対する意識啓発を図っています。また、物流協力会社のレスポンシブル・ケア監査、現場作業者との安全対話を実施し、事故や労働災害、誤出荷・誤納入、製品漏えいなど物流トラブルの未然防止に努めています。
3PL(Third Party Logistics) で管理している製品についても3PL会社が主導し、各工場物流担当部署が協力する形で上記同様の活動を行っています。

3PL(Third Party Logistics):
物流機能の全体もしくは一部を他の企業に委託して運用する物流業務形態。

物流安全品質月報

製品輸送の安全対策

製品情報の提供

当社グループの製品には、国際連合の「危険物輸送に関する勧告※1 」や消防法などの国内法に規定される危険物があります。物流を委託する協力会社に対しては、製品の危険性や有害性の有無に関わらず、取り扱いや保管上の注意に関する情報として、安全データシート(SDS:Safety Data Sheet)を提供しています。また、製品ごとに、輸送途上での事故発生時にとるべき措置や関係先への通報内容を記載したイエローカード※2を作成し、物流協力会社に製品輸送時のイエローカード携行を義務付けています。

※1危険物輸送に関する勧告:
国際的な危険物輸送における安全性を確保するために国際連合の危険物輸送/専門家委員会が2年毎に出す勧告。輸送上の危険性や有害性より次の9つに分類される。1:火薬類、2:高圧ガス、3:引火性液体類、4:可燃性物質類、5:酸化性物質類、6:毒物類、7:放射性物質類、8:腐食性物質、9:その他の有害性物質

※2イエローカード:
化学物質や高圧ガス輸送時の万一の事故に備え、ローリーの運転手や消防・警察などの関係者が取るべき処置を書いた緊急連絡カード。日本化学工業協会が活用を推進している。

イエローカード

同業他社との連携

当社グループでは、法令順守はもとより、緊急事態に備えた体制を整備し、安全かつ安心な物流に取り組んでいます。ハイリスク製品については、同業他社と連携して、緊急時の相互応援体制の構築や対応資機材の整備などの安全対策の強化を推進しています。さらに、ハイリスク製品の輸送上の安全評価について、第三者機関を活用した見直しを検討しています。

ハイリスク製品:
危険性や有害性、輸送量などを指標に、物流途上での事故による社会的影響の大きさが懸念されるもの。

緊急時の対応

当社グループでは、製品輸送中に事故が発生した場合に、荷主として迅速的かつ機動的に対応するための「三井化学グループ 構外物流事故・緊急連絡網及び応援体制(MENET)」を構築しています。MENETでは、日本全国を6つに区分けし、それぞれの地区に所在する当社グループの主要工場を応援基地事業所に定め、24時間出動できる体制を整えています。これらの事業所では、毎年、有事に備えた緊急通報・出動訓練で力量向上を図っています。
2017年には、一般財団法人 海上災害防止センターと「危険物質事故対応サービス(HAZMATers)」契約を締結し、専門チームや専用の資機材を活用した事故対応体制の強化を図っています。さらに、当社グループ製品の海外での物流事故や問い合わせに対して、迅速かつ的確に対応するため、英国政府機関により設立されたNCEC社(National Chemical Emergency Centre)の提供する「化学品24時間緊急時対応サービス(Carechem24)」を2019年度に導入し、グローバル物流のレスポンシブル・ケア管理体制の強化を推進しています。

MENET応援基地およびHAZMATers災害対応拠点

MENET応援基地およびHAZMATers災害対応拠点
  • Get Adobe Acrobat Reader

    最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。