マテリアリティの特定プロセス マテリアリティと取り組み

マテリアリティの特定プロセス

方針・基本的な考え方

マテリアリティとは、ステークホルダーの要望や期待の把握、事業活動による社会的な影響の分析・検証といった過程を経て特定されるものであり、このプロセスは、持続可能な社会に向けて三井化学グループが取り組むべき課題の認識において非常に重要であると考えています。当社グループは、定期的かつ継続的にマテリアリティ特定のプロセスを実施することにより、重要性の変化を確認し、事業活動に反映していきます。

VISION 2030におけるマテリアリティの位置付け

三井化学グループは、長期経営計画「VISION 2030」を策定する過程でマテリアリティの見直しを行いました。VISION 2030では、サーキュラーエコノミーへの転換、多様な価値連鎖の追求、柔軟かつ強靭な社会という観点をふまえて「目指す未来社会」を再定義し、この実現に向けてマテリアリティを特定しました。特定したマテリアリティは、VISION 2030の基本戦略の前提となっています。また、マテリアリティから導き出したBlue Value®・Rose Value®製品売上収益比率、GHG排出量削減率といったKPIはVISION 2030の非財務指標として管理していきます。

マテリアリティの特定プロセス

ステップ 1:課題の抽出

以下を参考に課題を網羅的に抽出しました。

✔ ステークホルダーとの対話※1
✔ グローバルな社会課題に関する情報収集※2
✔ サステナビリティ情報開示ガイドラインやESG評価機関の評価項目
✔ 当社グループの企業グループ理念・行動指針をはじめとする方針類
✔ 各会議体での議論内容
✔ VISION 2030策定過程における議論

※1ステークホルダーとの対話:
ステークホルダーとのオープンで建設的な意見交換により相互理解を促進し信頼関係を構築するとともに、当社グループに対する期待とニーズを確認することを目指しています。例えば、Blue Value®製品、Rose Value®製品の審査・認定プロセスでは有識者からの助言を受けることにより、環境や社会の課題を当社の事業活動に反映する仕組みを構築しています。

※2グローバルな社会課題に関する情報収集:
三井化学はWorld Economic Forumに加入してグローバルな新規課題に関連した最新動向の情報収集を行っています。そのプラットフォームでは、参加メンバーとともに国際機関および各国政府などと協力し、社会課題の解決を目指しています。

ステップ 2:課題をテーマ別に分類

サステナビリティ情報開示ガイドラインの開示要請事項やESG評価機関の評価項目などを参考に、抽出した課題をサステナビリティのテーマ別に分類しました。

ステップ 3:テーマの優先順位付けと整理

各テーマを、ステークホルダーにとっての重要度や社会における影響度と三井化学グループにとっての重要度の両軸でマッピングして優先順位を付け、ESG推進委員会、経営会議、取締役会で討議のうえ、候補テーマを絞りました。
絞った候補テーマを「持続可能な社会への貢献」「事業継続の前提となる課題」「事業継続に不可欠な能力」に分類し、マテリアリティとして整理しました。

ステップ 4:妥当性の確認

特定したマテリアリティについてはESG推進委員会で項目の網羅性と妥当性を確認し、経営会議、取締役会に報告の上議論を重ね、最終的に取締役会の承認を得ました。
マテリアリティは、課題の重要度の変化や新規課題の出現などを考慮する必要があるため、以降毎年ESG推進委員会にて見直しの必要性を議論する予定です。

  • Get Adobe Acrobat Reader

    最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。