プライムポリマーがマテリアルリサイクル事業でのDXを推進

三井化学の資源循環プラットフォームを活用

2022.10.26

株式会社プライムポリマー
三井化学株式会社

株式会社プライムポリマー(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤本 健介、以下「PRM」)は親会社である三井化学株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:橋本 修、以下「三井化学」)と連携し、マテリアルリサイクル事業におけるデジタル・トランスフォーメーション(DX)を推進します。
両社は、資源循環型経済の実現に向けた取り組みの一環として、プラスチックのマテリアルリサイクルを進めています。このたび、PRMはマテリアルリサイクルの課題の一つである品質管理体制の強化のため、三井化学が提供する資源循環プラットフォーム(名称:RePLAYER®ブロックチェーンプラットフォーム)を活用して「リサイクル品のトレーサビリティ(追跡可能性)およびトランスペアレンシー(透明性)を担保できる仕組み」を構築します。
その第一歩として、PRMのリサイクル樹脂袋への実装に向け、三井化学および石塚化学産業株式会社(本社:東京都北区、代表取締役社長:石塚 勝一)と連携し、2023年1月よりプラットフォーム上で実証実験を開始します。
地球温暖化対策に貢献するマテリアルリサイクルは、2050年カーボンニュートラルの実現に向けた重要な戦略課題の一つと捉えています。両社は、素材・プロセスの開発とともにマテリアルリサイクルを推進してまいります。

「RePLAYER®ブロックチェーンプラットフォーム活用」の概念図

以上

本件に関するお問い合わせ先

株式会社プライムポリマー 企画管理部 経営企画グループ
三井化学株式会社 コーポレートコミュニケーション部
TEL 03-6253-2100 03-6253-2100