三井化学アグロのグループ企業の再編と社名変更

日本語English

2023.01.24

三井化学アグロ株式会社
株式会社MMAG

三井化学株式会社(本社:東京都港区、社長:橋本 修)の100%子会社である三井化学アグロ株式会社(本社:東京都中央区、社長:小澤 敏)は、昨年度に取得した株式会社MMAG(本社:東京都中央区、社長:谷口 勝之)との合併をはじめとしたグループ内企業の再編を行い、併せて、再編後のグループ各社の社名を変更することに致しましたので、お知らせします。

1. 背景と目的

三井化学グループは、事業活動を通じた社会課題の解決への取り組みを進めており、農業化学品事業を世界的な課題となっている食糧問題の解決や伝染病対策などのQoL向上に貢献することを使命とする、ライフ&ヘルスケアソリューション事業の中核事業の一つと位置付けています。
農業化学品事業の中核である三井化学アグロは、有機合成を基盤に創出した独自原体をベースに、地域別戦略に基づく国内外での農薬事業の拡大と、PPM (Professional Pest Management)事業の拡大を通じた成長戦略により、「研究開発を基盤に変化をリードし、製品・サービスを通じて、サステイナブルな食と生活に貢献するグローバルソリューションカンパニー」を目指します。

MMAGの取得に当たっては、保有する原体ポートフォリオ、顧客基盤、優れた創薬・製剤技術や天然物関連の技術、多彩な人材を三井化学アグロと融合することで、国内市場でのプレゼンスの向上、今後成長が見込まれる海外市場への展開加速、継続的な新原体創出と市場ニーズに対応したマーケットイン型の製剤開発の強化を図り、三井化学アグロの成長戦略加速を意図していました。
今回、シナジー効果の早期最大化による成長加速を目指して、三井化学アグロとMMAGの合併を含む、グループ内企業の再編を行うこととしました。

2. グループ内企業再編のスキーム

三井化学アグロとMMAG両グループの各機能の完全一体化を実現し、販売、生産・調達、研究開発でのシナジー最大化とガバナンスの体制強化を図るため、下記のとおり再編を行います。

  1. MMAGを三井化学アグロに吸収合併(23年3月31日付)
  2. MMアグロケミカルを宇都宮化成工業に吸収合併(23年4月1日付)
  3. MCAG韓国支店法人の機能をMMアグロコリアに統合(条件が整い次第速やかに実行)
  4. エムシー緑化は変更無し
グループ内企業再編のスキーム

3. 再編後のグループ各社の名称変更

必要な公的手続きを実行する前提で、下記のとおり、各社の名称を変更します。

① 三井化学アグロ株式会社(23年3月31日付)

変更後)三井化学クロップ&ライフソリューション株式会社
英語名)Mitsui Chemicals Crop & Life Solutions, Inc.

② 宇都宮化成工業株式会社(23年4月1日付)

変更後)エムシークロップ&ライフ化成株式会社
英語名)MC Crop & Life Manufacturing Co., Ltd.

③ MMアグロコリア株式会社(23年4月1日以降)

変更後)三井化学クロップ&ライフソリューションコリア株式会社
英語名)Mitsui Chemicals Crop & Life Solutions Korea Co., Ltd.

④ 株式会社エムシー緑化(変更無し)

4. 三井化学アグロの組織再編と組織名称変更

(1)ライフソリューション本部の新設

PPM事業を農薬事業に次ぐ二本目の収益の柱に育成するため、営業本部の部レベル組織であるPPM営業部と海外営業本部海外マーケティング部のグループレベル組織であるPPMグループの再編により、「ライフソリューション本部」を新設します。同本部直下の部レベル組織として、「国内ライフソリューション営業部」、「海外ライフソリューション営業部」、「ライフソリューション営業管理部」を新設します。
再編後の営業本部と海外営業本部は、それぞれ、「国内クロップソリューション本部」、「海外クロップソリューション本部」に名称を変更します。

(2)人事部の新設

従来の人事管理機能に加え、組織文化の変革と醸成、タレントマネジメントの推進、外国人採用を含めたグローバル人材育成、D&I浸透等の人材戦略の推進を通して、人材を人的資本と捉え、全社変革(CX)の重要なドライバーとするために「人事部」を新設します。

(3)新事業開発推進部の新設

バリューチェーンの延伸を伴う新たなソリューション事業開発により事業ポートフォリオの変革(PX)を促進するため、マーケティング本部の部レベル組織として「新事業開発推進部」を新設します。併せて、「インド企画室」を廃止します。

(4)バイオロジカルソリューションリサーチセンターの新設

天然物農薬の研究開発・生産技術の強化を通して、グリーントランスフォーメーション(GX)を推進し、PXによる事業継続性の強化を図るため、研究開発本部の部レベル組織として、「バイオロジカルソリューションリサーチセンター」を新設します。

5. 今後の見通し

本件による当社業績への影響は軽微であり、業績予想の変更はありません。

6. 役員人事

(1)取締役・監査役

氏名 新所属・役職 旧所属・役職
小澤 敏 代表取締役 社長執行役員 CEO
(安全環境・品質保証部、情報システム部、内部監査室管掌)
代表取締役 社長執行役員
垣元 剛 取締役 副社長執行役員 社長補佐、
兼 CTO
(研究開発本部管掌)
取締役 副社長執行役員
(社長補佐、経営企画部、経理部、総務部、安全環境・品質保証部、MMAG担当役員)
兼 MMAG取締役 副社長
小國 浩一 取締役 専務執行役員 社長補佐、
兼 CCO
(国内クロップソリューション本部、海外クロップソリューション本部、ライフソリューション本部管掌)
取締役 専務執行役員
(社長補佐、研究開発本部担当役員)
兼 研究開発本部長
宮井 俊樹 取締役 常務執行役員CMO
(マーケティング本部、SCM部管掌)
取締役 常務執行役員
(営業本部 担当役員)
兼 営業本部長
兼 エムシー緑化取締役
佐藤 忠久 取締役 常務執行役員CSO
兼 CFO
(経営企画部、経理部、総務部、人事部管掌)
兼 経営企画部長
経営企画部長
兼 MMAG取締役
平越 格 同右 取締役(社外)
(第一芙蓉法律事務所)
舩越 広充 同右 取締役(非常勤)
(三井化学)
厨子 彰英 同右 監査役
兼 エムシー緑化監査役
土屋 武昭 同右 監査役(非常勤)
(三井化学)
  1. CEO(Chief Executive Officer)
    当社グループの業務執行全般
  2. CTO(Chief Technology Officer)
    当社グループの研究開発および技術開発全般
  3. CCO(Chief Commercial Officer)
    当社グループの営業活動全般
  4. CMO(Chief Marketing Officer)
    当社グループのマーケティングおよびプロダクトマネジメント全般
  5. CSO(Chief Strategy Officer)
    当社グループの戦略策定・実行およびアドミニストレーション全般
  6. CFO(Chief Financial Officer)
    当社グループの財務、経理全般

以上

参考

三井化学クロップ&ライフソリューション株式会社の概要

名称 三井化学クロップ&ライフソリューション株式会社
所在地 東京都中央区日本橋1丁目19番1号 日本橋ダイヤビルディング
代表 代表取締役社長 小澤 敏
事業内容 農薬・肥料等の研究、開発、製造、販売、輸出入、非農業用殺虫剤の製造販売、建築資材の防虫、防蟻、防湿等の環境管理
資本金 350百万円
設立 2003年4月1日
株主 三井化学株式会社 100%
従業員数 連結 約850名

三井化学クロップ&ライフソリューション株式会社 2023年4月1日付 組織図

三井化学クロップ&ライフソリューション株式会社 2023年4月1日付 組織図

エムシークロップ&ライフ化成株式会社の概要

名称 エムシークロップ&ライフ化成株式会社
所在地 栃木県宇都宮市岩曽町1215番地
代表 代表取締役社長 福永 裕二
事業内容 農薬・肥料の製造、非農薬用殺虫剤(一般化学品としての殺虫剤)の製造
資本金 20百万円
設立 1951年11月22日
株主 三井化学クロップ&ライフソリューション株式会社 100%
工場 製剤: 船岡工場(宮城)、宇都宮工場(栃木)、新城工場(愛知)、鳥栖工場(佐賀)
原体: 北上工場(岩手、旧MMアグロケミカル株式会社 岩手工場)
従業員数 約200名

本件に関するお問い合わせ先

三井化学アグロ株式会社 総務部
TEL 03-5290-2700 03-5290-2700