マネジメントシステム

方針・基本的な考え方

三井化学グループは、レスポンシブル・ケア基本方針において、「製品のライフサイクルにわたる人と環境へのリスクを評価し、人々の健康の確保と環境負荷の低減を図ります。」と掲げています。また、当社グループとしての基本的な意識の統一のため、「三井化学グループ 化学品マネジメント原則」を定めグループ全体に展開しています。

製品の開発から廃棄にいたる製品ライフサイクル全体での化学物質の安全管理(プロダクトスチュワードシップ)において、化学産業はサプライチェーンの一員として責任を担っています。当社グループは、各国の規制要求の遵守に加え、自主的な化学物質管理に取り組むことでプロダクトスチュワードシップを推進しています。

製品ライフサイクル全体にわたる人と環境へのリスクを最小化するには、ビジネスパートナーとの協力が欠かせません。当社グループは、サプライヤーからの情報収集に努め、当社製品のリスク評価を実施し、製品の危険有害性と安全な取り扱いについて顧客と相互コミュニケーションを図っています。

三井化学グループ 化学品マネジメント原則

三井化学グループは、人々の健康の確保と環境負荷の低減を図るため、以下の原則に示す化学品管理に努め、安心で持続可能な社会の発展に貢献します。

1.化学品管理の方針・ルールを定め、それに従い行動します。
2.自社の化学品管理システムを適切に管理します。
3.ビジネスパートナーとのリスクコミュニケーションにより、バリューチェーンにわたる化学製品の安全な取り扱いを推進します。
4.ステークホルダーの要求を理解し、適切な製品情報を提供します。

上記の方針および原則を柱とし、世界の化学物質管理の動向・グループの事業動向を考慮して、中期目標を定め、毎年、重点課題を見直しながら取り組みを進めています。

2021年度は、サーキュラーエコノミーに向け当社グループのリサイクル戦略を推進する上で、引き続き安全で持続可能な製品を提供するために、マテリアルリサイクルやケミカルリサイクルといった視点も取り込んだ製品リスクマネジメント長期目標(2030年度目標)を設定する取り組みを開始しました。

中期目標(2025年近傍のあるべき姿)

三井化学グループ全体で、化学品マネジメント原則が定着し、持続可能な発展・成長を加速し、製品価値を高めるとともに、ステークホルダーに評価されている。

重点課題

1.三井化学グループ全体の化学品管理の体制強化

2.化学品法規制に係るコンプライアンスの確保

3.製品含有化学物質の管理強化

4.新たな化学品政策に対応した製品リスクマネジメント強化

三井化学グループの化学品マネジメントの理念

三井化学グループの化学品マネジメントの理念

体制・責任者

プロダクトスチューワドッシップはライフサイクル全体での管理が重要であることから、関係各部が協力連携し取り組んでいます。
RC品質保証部担当役員は、化学品マネジメントに関する全社基本方針を検討、立案し、全社に周知・徹底するとともに、事業本部担当役員等に助言、指導および勧告を行います。RC・品質保証部長は、各国の化学品安全政策や法規制の最新動向にRegulatory Expertから収集した情報を合わせて、具体的な実行方針を策定し、全社の対応を推進します。RC・品質保証部長の下、化学品安全センター長は具体的な実施事項(製品情報調査、製品リスクアセスメント、化学品規制の遵守および規格への適合性確認、SDSおよび製品ラベル作成など)を支援します。
研究所長は、人と環境に配慮した新製品の設計を行います。
三井化学の工場で取り扱う化学品の管理は工場長、原材料調達時の管理は購買部長が行います。
各製品の化学品安全管理責任は、製品を所管する事業部長および事業部を統括する事業本部担当役員が担います。

化学品マネジメント体制(三井化学)

プロダクトスチュワードシップ責任体制

内部監査

RC・品質保証部は、三井化学の各部署および関係会社に対して化学品安全監査を行っています。また、これらが適正に実施されているかを内部統制室が独立的な立場で監査しています。

化学品安全監査 化学品管理の体制・運営状況および関連する法令遵守状況などを確認。
対象:本社の事業部、支店、研究所、関係会社から毎年設定。
頻度:原則として3年の周期。

目標・実績

この表は横にスクロールできます。

KPI 集計範囲 2020年度 2021年度 2025年度
(中長期)
目標 実績 達成度 目標 目標
法違反発生件数 三井化学 0件 0件 0件
製品のリスク評価実施率 三井化学 ・評価実施率99%以上
・新たな評価指標の策定
・99%以上
・評価指標の検討継続(国際化学物質管理会議の開催延期による)
・99%以上
・新たな評価指標の策定
最新の安全性情報提供率 三井化学 100% 100% 100% 100%を継続

最新のSDS提供率。

  • Get Adobe Acrobat Reader

    最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。