マネジメントシステム

人材マネジメント 人材マネジメント

方針・基本的な考え方

持続可能な社会を実現するために、企業がその貢献の在り方を問われる中、三井化学グループは、社会が求める価値を当社グループが持続的に創造し続けるためのカギは「人材」であると考えています。また、当社グループは、会社と従業員が対等な関係で互いに刺激しあい、より良い方向へと高めあえるように、社員一人ひとりを大切にすることが重要であると考えています。そのため、人材戦略上の各種施策においては、「三井化学グループの持続的成長」と「従業員の幸福と自己実現」の両立を目標に据え、個の力(ポテンシャル)を最大限に引き出し、挑戦し学習し続ける組織を実現し、持続的な競争力を生み出していきたいと考えています。
当社グループは、従業員および社会のステークホルダーに対して、当社グループの人材に関する考え方を示すために、「三井化学グループ人材マネジメント方針」を制定しています。本方針は、行動指針を根本に据え、当社グループの人材に関する様々な施策における、基本的な考え方を明示したもので、グループ全体の人事施策の根幹に位置付けられています。また、本方針を、日本語、英語、中国語に翻訳し、グループ全体に展開しています。

三井化学グループ 人材マネジメント方針

1. 「誠実な行動」に向けて

  • 従業員に対し、「行動指針」に定めた「誠実な行動」を求め、そうした行動をとる人を高く評価し、その力が十分発揮できる環境を整備します。
  • 事業地区の労働に関するあらゆる法規およびルールを遵守します。
  • 従業員の採用・配置・育成・評価・処遇は、性別・人種・国籍・年齢・宗教・障害などに基づく差別をすることなく、ルールを開示し、ルールに則り公正・公平に行います。

2. 「人と社会を大切に」に向けて

  • 従業員に対し、「行動指針」に定めた「人と社会を大切に」する行動を求め、そうした行動をとる人を高く評価し、その力が十分発揮できる環境を整備します。
  • 従業員の職場における安全と健康を守ります。
  • あらゆるハラスメントを許さず、人権擁護を支持し、尊重します。

3. 「夢のあるものづくり」に向けて

  • 従業員に対し、「行動指針」に定めた「夢のあるものづくり」に向けた以下の行動を求め、そうした行動をとる人を高く評価し、その力が十分発揮できる環境を整備します。
  • 自らの可能性を信じ、失敗を恐れず、果敢に挑戦する。
  • 感性を豊かにし、たぐいない新たな価値をつくり出す。
  • 自分の目で確かめ、自ら考え、行動する。
  • グローバルな視点に立ち、世界に通じるプロフェッショナルを目指す。
  • これまで培った経験や技術を伝承し、次世代の人材育成に努める。
  • 活発なコミュニケーションを通じ、一人ひとりの力を組織の力に結集する。

さらに、当社グループは、世界各地の拠点で働く当社グループの人々の心をひとつにまとめ、同じ目標の達成に向けてともに努力し続けるための求心力となる中核的な価値観を体現する行動指針として、コアバリューを制定しています。「行動指針」に定めた「チャレンジ精神」、「多様性の尊重」、「チームワーク」は、コアバリューである、Challenge、Diversity、One Teamにそれぞれ通じています。

4. 上記各項目に立脚し、次の考え方で人事施策を行います。

この表は横にスクロールできます。

  「三井化学グループの持続的成長」に向けた考え方
組織編成 経営/事業戦略に沿った組織を、柔軟に編成し、その実現に向け、最適な職務(ポジション)を設計・編成します。
人材採用 企業の持続的成長に貢献し得る多様な専門性・価値観を有する人材を採用します。
人材配置 ポテンシャルが高く、成果を挙げ得る人材を積極的に登用します(適所適材)。
人材開発 グローバルに通じる専門・経営人材を長期視点に立って育成します。
評価 実現した成果を適切に評価し、タイムリーなフィードバックを通して、さらなる個の成長につなげます。
処遇(報酬) グローバル市場において、競争力のある報酬水準を目指します。
  「従業員の幸福と自己実現」に向けた考え方
組織編成 個人のキャリア志向性・コンピテンシー・資質を最大限活かし得る組織・職務編成を行います。
人材採用 採用においては、当社グループが求めるワークモチベーション・能力・多様な価値観を有する人材に等しく機会を提供します。
人材配置 個人が有する意欲・キャリア志向性および専門的能力を、十分に発揮できるような配置を行います。
人材開発 グローバルに通じる専門性・マネジメントリテラシー習得に向け、適切な開発機会を質・量の面から十分に提供するとともに、あわせて、自律的なキャリア形成を支援します。
評価 公正かつ客観的なプロセスにおいて、意欲と能力の向上に結びつく評価を行います。
処遇(報酬) 意欲と能力ある多様な人材を確保する点で、グローバル市場において、競争力のある報酬水準を目指します。

なお、各国・地域の定める法令に基づく最低賃金規定や労働時間規制に抵触することのないよう努めます。

以上

コアバリュー:
世界各地の拠点で働く⼈々の⼼をひとつに纏め、同じ目標の達成に向けてともに努⼒をし続けるための求⼼⼒となる中核的な価値観。

Challenge 何事も真正⾯から積極果敢に”Challenge”していって欲しい、という気持ちを示したもの。
Diversity 相⼿の⽂化・ 歴史を学び、その⼈の個性や⺠族への理解を深めるとともに、それを三井化学グループの成⻑に最⼤限活かし、取り込むこと。
One Team ⽴場や世代、性別や国籍、組織や地域の違いを超え、今こそ「⼼をひとつ」に総⼒を結集すること。

体制・責任者

人事部門担当役員が、グループ・グローバル全体の人材戦略策定および各種人事施策実行の責任者です。本社人事部が主体となって、長期経営計画に連動した人材戦略および導き出された優先課題に応対する各種人事施策を策定し、経営上重要な施策については、経営会議や、コーポレートガバナンス・ガイドライン上で規定する、将来の経営者候補を輩出することを目的とした人材育成委員会(全社・部門別)等に諮っています。各種施策は各事業所、国内外関係会社の経営幹部および人事部門等と共有の上、実行します。また、各事業所人事責任者、国内外関係会社人事責任者、海外地域統括人事責任者とは、定期的に各施策の進捗状況を共有・議論し、関係施策の立案・実行につなげています。さらに、グループ・グローバルな人材戦略・施策の立案・実行のため、日本、欧州、米州、アジアの人事責任者を組み込んだ「Global Human Resources Development Advisory Committee(HRDAC)」を編成し、①タレントマネジメント ②Employer Branding(人材採用マーケティング) ③グループ・グローバル人材/組織開発 ④グローバルモビリティ(国・法人を跨ぐ戦略的異動)およびグループ・グローバル報酬/評価制度 ⑤グローバルHRIS構築等の課題に取り組んでいます。

HRIS(Human resources Information system):
コア人事を含む人事データ管理システム。

人材マネジメント体制

人材マネジメント体制

※1CoE(Center of Excellence):
グループ全体を統括する人事専門機能。

※2HRBP(Human Resources Business Partner):
各本部・コーポレート部門長と連動し、各種事業・機能戦略と連動した人材戦略・人事施策の立案・実行を行う。

対象 モニタリングの場 頻度
三井化学各事業所 事業所人事グループリーダー会議 1回 / 月
国内関係会社 国内関係会社人事担当者会議 2回 / 年
海外関係会社 海外統括会社(米・欧・中・アジア太平洋)人事責任者会議(HRDAC) 1回 / 月
リージョナルHR会議※1 1~2回 / 年※2

※1米・欧・中・アジア太平洋地域ごとに、地域の各社人事担当を招集し、定期情報交換および地域独自人事施策の展開を推進する。

※2地域によって開催頻度は異なる。

なお、各事業所、各関係会社における人材マネジメントに関する法令遵守状況は、内部統制室が実施する内部監査により定期的にチェックを行っています。

目標・実績

ダイバーシティ

この表は横にスクロールできます。

KPI 集計範囲 2020年度 2021年度 2025年度
(中長期)
目標 実績 達成度 目標 目標
定期採用の
女性比率
事務系総合職 三井化学籍社員 40% 50% 40%
技術系総合職 三井化学籍社員 20% 14% × 20%
一般職 三井化学籍社員 7% 7.1% 7%
女性管理職(課長級以上)比率 三井化学籍社員 4% 4% 5% 10%
障害者雇用比率 三井化学籍社員 2.3% 2.4% 2.4%

本サイトに掲載している定期採用実績は、その年度に入社した社員を集計したものです。よって、次年度の入社予定の社員数を集計している「第二期女性活躍推進に関する行動計画」で示すデータとは数値が異なります。

従業員エンゲージメント

この表は横にスクロールできます。

KPI 集計範囲 2020年度 2021年度 中長期
目標 実績 達成度 目標 目標
従業員エンゲージメント向上 三井化学グループ アクションプラン策定 アクションプラン登録率96% エンゲージメントスコア36%以上
(2018年度:31%)
・アクションプランの実施および結果測定
・実施頻度の短期化
  • Get Adobe Acrobat Reader

    最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。