環境負荷物質

三井化学グループは、揮発性有機化合物(VOC)、NOx、SOx、ばいじん、有害大気汚染物質、PRTR法対象物質の排出量をモニタリングし、環境負荷低減に努めています。

データの集計範囲についてはこちらをご覧ください。

大気

大気汚染防止法で規定された有害大気汚染物質のなかでも、健康に対するリスクが高いと考えられる優先取り組み物質について排出量の削減を図っています。

揮発性有機化合物(VOC)排出量について、日本政府は「2010年度までに固定排出源からのVOC排出量を2000年度比で30%削減する」という目標を掲げました。三井化学の場合、2000年度の排出量が8,523tであるため5,966t/年が目標になりますが、さらに厳しい3,000t/年以下という目標を掲げて2010年度までに大幅に削減し達成しました。引き続きこの水準を維持できるよう努めていきます。

当社グループは様々な化学製品を製造しているため、製造で使用する溶剤、樹脂成型で副生する分解物等、種々のVOCが排出されます。それに対し、活性炭等の吸着剤による吸着、酸・アルカリ水による中和、燃焼による分解、PSA(Pressure. Swing Adsorption)による回収などの手法で大気への排出量を削減しています。
また、化学製品の製造過程において燃料を燃焼させる際などに、SOx、NOx、ばいじんが発生します。これらに対しても集塵機・洗浄塔の導入や触媒の使用による除去、窒素や硫黄を含まない燃料の選定等を行い、大気への排出を抑制する対策を行っています。
2020年度はタンク撤去工事の影響により有害大気汚染物質のクロロエチレン排出量が一時的に増加しましたが、来年度以降はゼロになる見込みです。

揮発性有機化合物(VOC)排出量

NOx排出量

NOx排出量

NOx排出量

SOx排出量

SOx排出量

ばいじん排出量

ばいじん排出量

有害大気汚染物質排出量(三井化学)

有害大気汚染物質排出量(三井化学)

上記以前の排出量。
771t(1995年度)、445t(2000年度)、110t(2005年度)

PRTR法対象物質

三井化学は、「特定化学物質の環境への排出量の把握等および管理の改善の促進に関する法律(PRTR法)」に基づき、毎年、製造あるいは使用した指定化学物質について、環境への排出量および移動量を国に届け出ています。
排出量の管理を継続的に強化するとともに、年間の排出量450t以下に向けて、方策の策定を行っています。

PRTR:
Pollutant Release and Transfer Register。

PRTR法対象物質の排出量(三井化学)

PPRTR法対象物質の排出量(三井化学)

三井化学の集計範囲:三井化学生産拠点および袖ケ浦センター

  • Get Adobe Acrobat Reader

    最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。